作品情報

SFアクション短編映画【CYBER DIVE】

キャスト

西村光弘
山根加奈
仲井大和
西谷哲徳
筒井諒

撮影 清遠哲史 地村俊也
照明 垣内博斗
美術 吉内雄大
録音 石井俊英
CG 石丸光希 舛田龍也
制作進行 吉川雄一郎 田中みの里 久世崇史

脚色 いしぜきひでゆき
プロデューサー 寺山直哉
総指揮 ナガタタケシ
制作 電ch!
製作 大阪電気通信大学

監督・脚本 市田俊介

エンディング曲:”Dive into the Flame” by FreQuency

企画概要

本作品は大阪電気通信大学の広報と学生の教育を目的に制作する、短編実写アクションSF映画作品です。同大学の卒業生を含めた各方面のプロに指導をうけながら、学生がメガホンをとり、約一年掛けて1本の短編映画を制作します。2015年夏〜冬に撮影を予定しており、2016年春の完成を予定しています。

作品仕様

タイトル CYBER DIVE(サイバーダイブ)
フォーマット 4K (2Kパート含む)
本編尺 15分〜25分 程度
対象年齢 高校生以上
ジャンル SFアクション
言語 日本語

あらすじ

未来の日本。仮想現実が発展し、人々は政府が作り出した戦争ゲーム「ウォーゾーン」を謳歌していた。しかし、ゲーム内でプレイヤーの死亡事故が発生。ゲームプレイヤーの渚と仁美が事件の首謀者と遭遇したとき、ゲームが作られた本当の目的を知ることになる…。

キャッチコピー

プログラムをー超えろー

プロダクションノート

大阪電気通信大学の産学連携映像制作プロジェクト「電ch!」(でんチャン)にて制作を行いました。本プロジェクトは本学の学生が学内外のプロスタッフの協力を得て様々なコンテンツを制作するもので、過去の映像制作企画としては、劇場映画「おかっぱちゃん旅に出る」、テレビドラマ「弘恵の道しるべ」(テレビ大阪)などがあります。一部の作品においてはDVD化を行い、全国のTSUTAYAやGEO他で販売・レンタルなども行って参りました。
本作品もWebでの公開を始め、大学広報や映画祭への応募など、広く世界へ発信して参りますので、ご注目頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

editor-common
電ch!編集部

電ch!編集部です