みなさま、こんにちは。
電chu!スタッフの井上です。
今回、電chu!として10月13日に落語家である林家染二さんの
襲名15周年記念独演会の配信を行いました。
お客様の人数など、これまでにない緊張感の中での配信だったように思います。

 

 

事前の準備においても、機材の確認を数回に渡って行っています。
カメラマンやスイッチャーとの打ち合わせも出来る限り行いました。
そこでの細かい勘違いや意思疎通の不足など、これまでの課題を克服できるよう意識しています。

リハーサルと本番をどれだけ擦り合わせることが出来るか…

 

 

しかしやっぱり、いざ本番となると難しいものです。

当然、現場では私達だけでなく、
舞台のセッティングや照明などの方々もいる中で、非常に緊張感がありました。
本番が始まってからは、お客様の笑い声などの
会場の雰囲気を感じてより一層の責任を感じました。
今回でより自身の足りない部分というものが各々見えてきたかと思います。

また、チームとしても、まだまだ意思疎通や経験が足りていないことを実感しました。
まだまだ電chu!の活動はこの先も続いていきます。
今回の反省から、より結束を固めた電chu!スタッフ一同をこれからも応援よろしくお願いします!

この記事を書いた人

editor-common
電ch!編集部

電ch!編集部です